初めてのイベント開催ガイド 高円寺のカフェ&バー・コネクシオン

「イベントを開催したい!でも初めてだから何をすればいいのか……」という方を応援するブログです。

イベントを長く続ける方法

無料のイベントスペースとしても活用できる高円寺のカフェ&バー・コネクシオンです。

 

コネクシオン(高円寺)は、初めてイベントを開催される方にも、「まずは一度やってみましょう」というスタンスで、スペースを無料でお貸ししています。

 

 

せっかく当店でイベントを始められたのですから、できることなら長くイベントが続いてほしいと思っています。今回はコネクシオン(高円寺)で長く続いているイベントについてお話します。

 

■3年以上続いているレコードイベント

f:id:koikekonekusion:20170715172417j:plain

コネクシオン(高円寺)には、アナログのレコードをかけて、スクラッチもできるターンテーブルがあります。この設備を活用して「レコードのDJイベントをしたい」とおっしゃる方が数多くいらっしゃいます。

 

 

コネクシオン(高円寺)で3年以上続いているイベントも、レコードをつかったDJイベントです。拠点にしておられた中野のお店が閉店したということで、新たな拠点を探しておられ、当店との出会いがありました。いつもどおり「まずはやってみましょう」というスタンスで始めましたが、ここまで続くイベントになり、嬉しい限りです。

 

 

隔月で開催されており、DJの方が思い思いにレコードをかけるイベントです。DJは3名いらっしゃいます。主催者の方が毎回2名連れてこられます。そのためイベントのたびに異なる趣味の音楽を楽しむことができる趣向になっています。

 

 

なぜこれほど続くイベントになったのか、整理して考えてみました。

 

 

■DJが友人を連れてくる

f:id:koikekonekusion:20170715172514j:plain

このイベントには、毎回15名ほどのお客様がいらっしゃいます。一見のお客様はほとんどいらっしゃいません。お客様は全てDJのお知り合いの方です。

 

 

他の50名以上入るようなイベントスペースだと、逆に、集客が大変ですので、DJの知り合いに声をかけるだけでは、客席を満たすことはできません。コネクシオン(高円寺)は20名ほどのキャパシティですので、3名のDJが5人ずつ連れてくれば、それで十分なのです。

 

 

今回紹介しているイベントの場合は、実はうまくできているシステムだと思っています。主催者の方は、通例だと集客に奔走することになりますが、2人のDJを見つけることに集中すれば、集客につながるようになっています。このシステムに習うならば、主催1人、主催を入れてDJ4人の態勢でDJイベントを開催するのがベターなのかもしれません。これなら、主催者の方は、DJをブッキングすることのみに集中すればよいことになりますので。

 

フェイスブックツイッターを活用している

f:id:koikekonekusion:20170715172655p:plain

長くイベントを続けておられる方は、フェイスブックツイッターを活用しておられるようです。「そんなの当たり前だよ」と思われるかもしれませんが、イベントにともなう様々な仕事に追われて、余裕がなくなっておられる方が多いようですので、改めて強調しておきます。

 

 

告知の際にもテクニックがあります。細々としたテクニックは置いといて、大原則は、何度も告知するということです。

 

 

多くの方はフェイスブックツイッターで多くの人をフォローしています。イベントの告知はそのなかのひとつに過ぎないのです。あっというまに流れてしまいます。なので、イベントの告知は、開催決定・出演者決定・タイムテーブル決定など、「新装開店セール」のように事あるごとにおこなうべきなのです。

 

 

もちろんコピペのような内容だと、しつこく感じられてしまうので、読み手のことを思いやって、時事を踏まえた二言三言を付け足しておくのも大切です。

 

 

■「イベント」という場が好き

f:id:koikekonekusion:20170624213512j:plain

ここまで集客に関わることをお伝えしてきましたが、今回紹介したイベントの方は、なによりも「イベント」という場所が好きなようです。

 

 

「イベントとは何か」と本質を問うように語ると、少し難しくなってしまいますが、ここでは、『たくさんの初対面の人が集まって、交流を楽しむ場所』という意味でつかっています。

 

 

イベントを主催しておられる方は、初対面の人同士が出会って、人生が1°でも変わる瞬間を楽しみにしておられるように見えます。極端な話、レコードをかけるというのは、人を集めるための仕掛けにすぎなくて、もし何もせずに人が集まるのであれば、それでOKな感じすらしています。

 

 

「イベント」という場が生み出すドラマを見たい。そのための手段として、自分の好きなレコードや音楽を活用する。こうしたスタンスが、イベントを長く続けるために必要なのかもしれません。

 

 

■初めてのイベント開催はお気軽にご相談ください

長く続けるためのイベントの方法について書きましたが、初めてのイベントではほとんどの方がリキんでしまっている状態のように見受けられます。それが次回以降の発想の種になるのかもしれませんが、リキんだ結果、開催にしり込みするようでは元も子もありません。

 

 

継続については、当店ができる範囲でサポートしますので、まずは「やってみよう」と思いついた時に、コネクシオン(高円寺)にご連絡ください。

 

コネクシオン | Koenji - The Connection


Tel&Fax 03-3312-8688